windowsを使う

windowsのバージョンにはどのようなものがあるのか

windowsが現在のように多くの人に使われるきっかけとなったバージョンが95と呼ばれるものです。バージョン名通り、1995年に発売されたものです。このバージョン以前にもwindowsは存在していましたが、まだそれほど普及はしていませんでした。 なぜ普及していなかったのかというと、操作がまだ難しく、パソコン自体がまだ高価だったからです。しかし、95になって一気に使いやすくなり、OSの普及に伴ってパソコンブームが来て、パソコンの価格が下がってきて買いやすくなりました。

今と昔でのパソコンが起動しないトラブルの理由の違い

そのwindowsですが、以前と比べて使いやすくなっていますし、安定性も高くなっていますが、起動しないというトラブルが起きることもあります。昔は搭載しているメモリが少な過ぎてなかなか起動しないということがありましたが、最近のパソコンはメモリを十分積んでいるのでそういうことはなくりました。では、どういった原因で起動しないことが増えているのかというと、電源トラブル、ハードディスクのトラブル、そして周辺機器のトラブルというのが多いです。 今後も、電源に問題が起きた場合と周辺機器に問題が起きた場合に起動しないというのは減らないかもしれませんが、ハードディスクのトラブルで起動しないというケースは減少する可能性があります。というのは、信頼性の高いSSDの普及によってハードディスクがなくなっていく可能性が高いからです。