トラブルと注意

hdd認識しないは事態は事前に予期すべき

hddはパソコンに内蔵されている記録媒体のことで何らかの理由で故障しまうことがあり、読み込みをする事ができないというのは内蔵ハードディスク、外付けハードディスク共通の現象である。最近は外付けハードディスクをデータバックアップ先として利用している人も多い。事前にあらかじめデータバックアップをしている人でもこういったhdd認識しないというトラブルに巻き込まれる危険性があるので注意したい。ハードディスクはあくまでも消耗品であるという事を認識しておきたい。むしろ外付けの方がファンが無いため、環境が過酷かもしれない。

トラブルからのリスクをいかに少なくするか

では、hdd認識しないというトラブル、つまりハードディスクのトラブルからどうやってリスク回避するべきか。まずは内蔵ディスクからのデータバックアップからであるが、外付けハードディスクはあまり過信しすぎない方がよいと思われる。あくまでも同じハードディスクという消耗品という事を認識した上で利用するべきである。外付けハードディスクでもRAID構成タイプの製品であれば、トラブルのリスク回避も可能かと思われる。 そこで小分けにして収納スペースにある程度余裕がある場合は、DVDやブルーレイディスクへのバックアップの良いのではないだろうか。長期保管も可能であり、もしもパソコントラブルが発生、別パソコン購入時にはいち早くデータ復旧が可能である。 いずれにしても、自分の大事なデータのリスク管理は常に持つべきである。